株式会社ことのは本舗 > 文章の「イライラ度」チェック > あなたの文章は不愉快だ! > クレームを増やす言葉 ―ケンカを売ってますか???

文章の「イライラ度」チェック

クレームを増やす言葉 ―ケンカを売ってますか???

無形文化財級の(!?)失礼なメールをご紹介します。

これは、貸し会議室の利用を申し込んだ、
田中さん宛てに届いたメールです。

昨日ご連絡いただいておりまして、ご返信に関しましては、
昨日中にお電話させていただいておりました。

全て御社のA様にはご説明させていただいておりまして、
A様より田中様へ連絡するとのことでしたが、
A様より何もお聞きではないでしょうか

 

この度利用されるお時間は、本当は何時からになるのでしょうか
それによって料金も違います。

 

(料金説明)

 

ご理解いただけましたでしょうか

これを読んで、「どこが感じ悪いの?」と思った方は要注意!
同じような文章を書いてしまう恐れがあります。

 

ポイントは「?」(クエッション)マークです。

 

~でしょうか?

~でしょうか?

~でしょうか?

 

・・・と、「?」が続くと、詰問されているような印象です。

 

日本語では、「か」は「疑問」の意味を表す終助詞です。

英語のように「?」をつけなくても、
たいてい、質問されていることはわかります。

 

逆に「?」を付けることによって、「問い」が強調され、
単なる質問のつもりでも、「問いただしている」「責めている」
といった印象になってしまうのです。

 

「何もお聞きではないのでしょうか?」は、
「何も」でさらに強調されます。

「え~っ??? もしかして、なんっっにも聞いてないのぉ~???」

といったところでしょうか。

ここでまずイラッときます。

 

さらに、「本当は~でしょうか?」という表現により、
まるでお客様が嘘をついている、隠し事をしていると
決めつけているように感じます。

「本当」の反対は、「嘘」。
こういった言葉を、私は「隠れ否定語」と命名しました。

そもそも、「会議室の利用時間」に関して、嘘をついたり、
隠し事をしたりする必要があるでしょうか。

かなり不愉快です。

 

極めつけは「ご理解いただけましたでしょうか?」。

人差し指をこめかみに当て、「おわかり~?」
と言っているような、小バカにした印象です。

 

「うちの社員は、こんな文章、書かないよ~」
と思った方・・・本当に大丈夫ですか(笑)

テンプレートやガイドラインがなく、
問い合わせやクレームへの対応メールを、
その都度、社員の判断で書くような場合は、
このようなことが起こりがちです。

一度、社員のメールをチェックしてみてはいかがでしょう。

イライラ度5

文章の「イライラ度」

評価項目別「イライラ度」

PAGE TOP