株式会社ことのは本舗 > 文章の「イライラ度」チェック > あなたの文章は誤解される!

あなたの文章は誤解される!

文章構造がジコチュー ―自分目線で書いたらアウト! 

会社設立にあたっては、法人の口座が必要です。
そこで、口座開設に必要な書類などをネットで調べてみました。

当社事務所のある新宿には、たくさんの銀行があります。
「どこの銀行にしようかな~」と、各社のサイト拝見。
もっともわかりにくかったサイトをご紹介します。

以下は、KTH銀行(仮称)の口座開設に関する説明文章です。

お客さまへのお願い

銀行では、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下、「犯罪収益移転防止法」といいます)により、(中略)「本人確認」を行うことが義務付けられております。

また、マネー・ローンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて、2007年1月4日からは、法令により、(中略)「本人確認」が求められることとなりました。 ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申しあげます。

  • (注)国際協力の観点から、「外国為替及び外国貿易法」においても同様の措置が講じられております
ご本人の確認
  1. お客さまが個人の場合
    (中略)
  2. お客さまが法人の場合
    次のそれぞれの事項につきまして確認させていただきます。
    (1)名称および本店または主たる事務所の所在地
    (2)法人の代表者などご来店された方(個人)の氏名、住所および生年月日
ご本人の確認が必要な取引

次の取引時に「本人確認」をさせていただくこととなります。

(中略)

ご本人および法人の代表者などご来店された方の確認方法ならびに提示していただく書類
【個人の場合】

(中略)

【法人の場合】

以下の書類により、法人の名称および本店または主たる事務所の所在地を確認させていただきます。なお、法人の代表者などご来店された方(個人)の氏名、住所および生年月日についても確認させていただきます。来店された方の本人確認書類は、【個人の場合】をご参照ください。

(1)登記事項証明書 (2)印鑑登録証明書 (3)官公庁から発行・発給された書類

(以下、略)

これを読んで、必要書類をすべてそろえて、KTH銀行(仮称)行ってきました!

 

ところが・・・ここに書かれていないもので、他にも必要な書類がたくさんありました。
結局、あれこれそろえて出直すことに。
・・・不親切すぎやしませんかー!!!

 

そもそも、情報の条件分岐が「ジコチュー」=自己中心的。自分勝手です。

「自社がお客様に対して言いたいこと」を基準に見出しを立て、
それぞれに、個人の場合と、法人の場合の説明を書いています。

でも、お客様にしてみれば、まず、個人と法人で条件分岐してほしいと思いませんか。
「個人であり、同時に法人」という口座は存在しえないわけですから、
個人の口座開設が目的であれば、個人に関する説明だけ読みたい。
法人の口座開設が目的であれば、法人に関する説明だけ読みたい。
当然のことではないでしょうか。

御社が「知らせたいこと」と、お客様が「知りたいこと」は、
必ずしも一致しない
のです。気をつけましょう。

 

イライラ度5

無意識に使っている専門用語 ―お客様にはわかりません

ある会社のパンフレットに、こんなことが書かれていました。

変更手続きの際は、ご印鑑、会員証又は身分証明証を持参してください。

これを読むと、

「印鑑は持参しなくてはならない。そのほかに、会員証か身分証明証のどちらか一つも持参しなくてはならない」

つまり、2点持参する・・・・・・と解釈する人もいます。

 

でも、正しくは、

「印鑑、会員証、身分証明証」のどれか1点を持参すればよい

ということを意味します。
これは、次のルールに従って、解釈をした結果です。

  • 各名詞は「、」で結び、最後の名詞の前にのみ「又は」を置く。「又は」の前後には、「、」を打ってはならない
  • 動詞を列挙する場合は、動詞の連用形の後には「、」を打つルールがあるので、「又は」の前にも「、」を打つことになる
  • 「若しくは」は、「又は」とともに用いる場合でなければ用いることができない
  • 階層関係が3階以上になる場合は、「又は」は最も大きい大括弧の接続のみに用い、他の小括弧の接続には「若しくは」を用いる

『分かりやすい公用文の書き方 改訂版』(礒崎陽輔著/ぎょうせい)より

このルールは、法律や行政文書など、厳密さを要求される文書の決まりです。
専門家以外は、理解しにくい表現です。

 

もし、当社にエディット(編集)のご依頼をいただいたとしたら、次のように書き換えます!

変更手続きには、以下の3点のうち、どれか1点をお持ちください。

  1. 印鑑
  2. 会員証
  3. 身分証明証

こちらのほうが、誤解されないと思いませんか。

イライラ度2

何気なく使っている言葉 ―その言葉が会社の命運を分けるかも

ある食品の外袋に書いてあった説明です。

「温め方」を読んでみると・・・

オーブントースターで温める場合は、アルミホイルで包み、油脂がこぼれないようにして温めてください。

「等」と書きたくなる気持ちはわからなくはありません。

でも、「オーブントースター」というと、電子レンジも含まれるように感じます。

電子レンジでアルミホイルを使ったら、危ないのではないでしょうか。

少なくても、火花は散るのでは。

 

また、「アルミホイル」ということは、ラップもOKかな、と思います。

ラップをかけて、オーブントースターで温めたら・・・ラップが溶けないのでしょうか。

 

大きな事故や、訴訟に発展しなければいいのですけれど。

 

へ理屈だ!揚げ足取りだ!と言わないでくださいね。

私の母(80歳)は、ラップがないとアルミホイルをかけてチン!します。

バチバチと火花が散る音がしていても、耳が遠いので聞こえません。

イライラ度2

文章の「イライラ度」

評価項目別「イライラ度」

PAGE TOP