株式会社ことのは本舗 > 文章の「イライラ度」チェック > あなたの文章は誤解される! > 何気なく使っている言葉 ―その言葉が会社の命運を分けるかも

文章の「イライラ度」チェック

何気なく使っている言葉 ―その言葉が会社の命運を分けるかも

ある食品の外袋に書いてあった説明です。

「温め方」を読んでみると・・・

オーブントースターで温める場合は、アルミホイルで包み、油脂がこぼれないようにして温めてください。

「等」と書きたくなる気持ちはわからなくはありません。

でも、「オーブントースター」というと、電子レンジも含まれるように感じます。

電子レンジでアルミホイルを使ったら、危ないのではないでしょうか。

少なくても、火花は散るのでは。

 

また、「アルミホイル」ということは、ラップもOKかな、と思います。

ラップをかけて、オーブントースターで温めたら・・・ラップが溶けないのでしょうか。

 

大きな事故や、訴訟に発展しなければいいのですけれど。

 

へ理屈だ!揚げ足取りだ!と言わないでくださいね。

私の母(80歳)は、ラップがないとアルミホイルをかけてチン!します。

バチバチと火花が散る音がしていても、耳が遠いので聞こえません。

イライラ度2

文章の「イライラ度」

評価項目別「イライラ度」

PAGE TOP